オリックスグループ が ブリスベージュ神宮前(旧 カスケード神宮前) の事業を
   引き継ぐことになり、
住民が指摘した様々な問題点について、
   オリックスグループと協議を重ね、さまざまな対策が検討されました。
   

 ◎ ひび割れ、傾きのある南側擁壁の安全性の確保と管理責任について
   オリックスグループにより、補修工事がなされました。
   補修工事時点を基準とし、2011年6月までに、3回計測を行い、
   測量結果が開示されました。

    

◎ 周辺住居に対するプライバシー侵害問題
   原宿外苑中学のプールについて
    オリックスグループと教育委員会との間で話し合いが整い、
    一定の工事(可動式の目隠しの設置)が行われました。



 ◎ 今後のマンション管理責任体制
   マンション住民による管理組合はあるが、今後もオリックスグループが窓口になり、
   住民との折衝や協議を行うことが確認されました。





                                                  lastUPdated:2011/6/14